トップページ | 裁判所ビラまき »

JR西日本での障がい者女性性暴力事件

勤め先(JR西日本)の上司から性的暴行を受け、一人で裁判をたたかっている障がい者女性がいます。
 多くのみなさんのご支援によって控訴審を勝ちたいと願っています。注目と傍聴、ご支援をお願いします。


11月4日(木) 午前10時
 大阪高裁81号法廷(別館8階)
 


【事件の経過】  


里美さん(兵庫県 現在36歳)は、JR西日本に「障がい者雇用促進」制度で採用された、1年更新の契約社員です。生まれつきの脳性麻痺で、四肢に障がい(重度1級)があります。パソコンが堪能で、男ばかりの現場で、事務仕事をしてきました。


 事件がおきたのは、今から約3年前。会社の慰安旅行の帰りに、上司であるAに、強引にホテルに連れ込まれ、カミソリで脅されて性行為を強要されました(里美さんは、障がいゆえに、押し倒されたら自分で起きあがることは困難です)。事件後Aは、さも2人がつき合っていたかのように装うともに、「会社に言ったらお前の契約更新はないぞ」と里美さんを脅しています。Aの行為は、里美さんの障がいと、契約社員という会社での弱い立場を利用した、きわめて悪質なものです。


 里美さんは一人で苦しんだ末、事件から半年後に、詳細を会社に告発しますが、会社のセクハラ対策室は、「そんな事実は無かった」と結論をだしました。里美さんは納得できず、一人で弁護士を捜しまわり、ようやく提訴にこぎつけました。


 【一審判決の問題点】  


ところが、今年6月に出された一審判決は、里美さんが半年間事件を告発できなかったことや、事件後かわされた一見「親しげ」なメールの内容などを理由に、加害者である上司の「合意の上だった」という言い分を認め、里美さん敗訴の判決を下しました。 この判決は、里美さんの障がいや、職場内での上下関係の圧力、性暴力被害女性のおかれた心理状況について考慮せず、加害男性や会社の言い分のみを採用したもので、性暴力、とくに障がいをもつ女性に対する性暴力を野放しにしかねないきわめて危険なものです。里美さんは、ショックでくじけそうになりながらも、「こんな事が許される世の中でいいのか?」という思いで控訴し、とことんたたかうことを決意しました。


【ご支援をお願いします!】


 里美さんのたたかいは、契約社員などの弱い立場の女性や、障がい者の女性への犯罪など、闇に葬られてしまうことの多い、性暴力犯罪を明るみに出し、同じような境遇にいる女性たちに、大きな勇気と展望を開くものと思います。


 里美さんは、被害女性の救済と同時に、加害者をなくすことにもつながれば、と事件の公表を決意し、支援を訴えています。多くのみなさんが、里美さんのたたかいを支えるため、ぜひ署名のご協力と裁判の傍聴をお願いします。


  里美さんの裁判を支える会(準備会)


           連絡先 090-9718-1139(奥村)090-3054-0947(高見)
              (出ない場合は、留守電にお願いします。折り返しお電話させていただきます。)


    
署名用紙

「shomei.pdf」をダウンロード

|

トップページ | 裁判所ビラまき »

森崎里美さんの裁判を支えて下さい」カテゴリの記事

コメント

里美ドッコムのこと、そして、このブログを開けば署名用紙をダウンロードできることをGSML(GenderStudiesML)
に本日10/29に紹介しました。
 このMLは添付は受け付けてもらえなかったので、
今からでも、署名が届くと思います。

件名:【至急】「里美さん裁判のブログ」が出来ました。署名用紙も簡単にダウンロードできます。署名今月末必着で! 職場の性暴力に対する裁判にご支援を!

岩崎美枝子です。

友人から、下記の連絡を受けました。

里美さんを支える会のブログは「里美ドッコム」といいます。
このドッコムを開くと、最下段に「署名用紙」とあり、きれいに署名用紙をダウンロードできます。
今日は29日、まだ間に合いますので、どうぞ!協力をお願いいたします。

ーーーーーーー以下転載ーーーーーーーーーーーーーー

署名に協力して下さった多くの方々に里美さん裁判のブログができたとのこと、支える会から、広めてくださいとメール連絡がきましたので、お知らせします。重複、ご容赦ください。

**************************

皆さまへ

 里美さんの裁判を支える会のブログをつくりました。

  http://satomi-heart.cocolog-nifty.com/blog/

今後、裁判の動きなど、お知らせしていきたいと思いす。

お知り合いや、署名をしていただいた方にも、お知らせいただければ幸いです。

 どうぞ、よろしくお願いします。


投稿: 岩崎美枝子 | 2010年10月29日 (金) 15時47分

さきほどお電話しました筒井です。
里美さんのために何ができるか考えています。
傍聴に行きたいのですが遠方のため難しいです。

裁判にはお金がかかるでしょうから、ぜひカンパをさせていただきたいのですが、いかがでしょうか?

あと、少しでも多くの方にこの問題を知っていただくため、こちらの記事をブログとmixiに転載させていただけないでしょうか?

投稿: 筒井雪江 | 2010年10月30日 (土) 18時14分

里美さん、初めまして。
私は今から6年前に、当時郵政公社で働いていましたが、緑内障の為、身体障害者手帳の交付を受け、上司に報告をしたところ退職勧奨を行われました。その後、セクハラ・パワハラを受けうつ病・パ二ック障害で、長期休職中、昨年5月に解雇になりました。納得が行かないので、この度提訴しました。
里美さんが、戦かっておられる事を、弁護士の先生から聞き、里美さんの支援の会に私も、ぜひご一緒させて頂ければと思います。

唐突ですが、明日、11月8日(月)大阪地方裁判所809号室10時より初公判が開かれます。是非よろしければ傍聴をお願い致します。お会いしたいです。立場の弱い者同士、お互い力を合わせましょう。

投稿: 横山 | 2010年11月 7日 (日) 15時46分

横山様。はじめまして。明日の朝はいけるかどうか分からないのですが、というのもうつ状態のため朝は弱いので。私自身1992年に当時の郵政省で、精神障害で休職期限が過ぎたということで免職になり、裁判で復職の検討もせず、機会を奪った免職は不当だと争いました。2000年に最高裁で敗訴が確定しましたが、多くの支援の態勢がありました。横山さんはそういう支援はついていますか?
なお私の件は以下のサイトに詳細があります。
http://homepage3.nifty.com/kyouseisha/

投稿: ゲン | 2010年11月 7日 (日) 16時23分

先程テレビを見て初めて、こんなむごい事件が起きている事をしりました。
なぜレイプ(犯罪者)が未だJRでしれっと働いているのでしょうか?
レイプ犯とその後、交際?意味がわかりません

絶対に闘いましょう完全勝訴だけではありません
レイプ犯を社会的に抹殺しましょう

鬼畜犯人とそれを擁護する悪徳会社を許してはいけない!

投稿: 正義 | 2011年11月25日 (金) 09時04分

先程、テレビで事件の事を知りました。

同じ女性として許せません。
人を何だと思っているのですか?
たかだか100万で済む話じゃないです!!

絶対勝利を願ってます!!

投稿: 安西 | 2012年1月18日 (水) 18時50分

JR西日本という会社が人の命をも軽くみている会社であるので、女性の人権などもっと軽く見ているのだと思う。
JR西日本の諸君よ、人間として会社の対応は恥ずかしくないのか。
そして我々はJR西日本の職員を軽蔑し続けるしか方法はないのだろうか。

投稿: | 2012年1月22日 (日) 01時50分

深夜やってる番組見ました。観ていて会社の対応等で心が痛くなりました。母子家庭ながら頑張ってる姿見ました。応援してます、頑張ってください。

投稿: ゆー | 2012年3月25日 (日) 02時41分

こんにちは、興味深い情報ありがとうございました!

投稿: Ann | 2012年8月 9日 (木) 17時18分

来年度から障害者として働きます。女性として、障害者としてこのような行為は許せません。勝利をお祈りしています。

投稿: マカロン | 2013年6月20日 (木) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567299/49858818

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本での障がい者女性性暴力事件:

トップページ | 裁判所ビラまき »