« ニュース第一号 | トップページ | 学校教育のもたらす歪み »

署名提出と集約

次の署名提出は1月12日(水曜日)午後1時に大阪高裁(別館)ロビーに集合です。集約は1月10日までに奥村宛に送付下さい。

21日の口頭弁論で次回期日を設けてもらい、証人調べまで実現してもらうには多くの署名と裁判傍聴が必要です。JR会社の組織的な体質が閉鎖的隠蔽体質、上意下達的封建体質であることが事件をひきおこし、それを社内では解決できなかった要因です。にもかかわらず一審たつみ支部判決は、疎外的に書かれたメールの表面のみを取り上げて、痴情のもつれという判決を下しました。

これに対して、控訴審では、一見親しそうなメールの文面は性暴力事件に特有なものであり、また多くの障がい者に特有な、他人からかわいがられるように教え込まれた結果のものであると様々な陳述書等によって立証しています。裁判所が真に公正な審理を行えば、控訴人側の勝利になることは疑い有りません。

裁判所に、虚心坦懐に里美さんの主張を聞いてもらうには、それを後押しする大衆的な運動が必要です。それが署名と傍聴です。また、この裁判を多くの市民に知らせていくことが必要です。

もう一押し、ふた押し、御支援下さい。

|

« ニュース第一号 | トップページ | 学校教育のもたらす歪み »

署名を集めましょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567299/50498616

この記事へのトラックバック一覧です: 署名提出と集約:

« ニュース第一号 | トップページ | 学校教育のもたらす歪み »