« 陳述書の作成終わりました | トップページ | 署名提出と集約 »

ニュース第一号

みなさま

新年明けましておめでとうございます。

闘いの朝を迎え、ペーパーのニュース第一号ができました。また、署名用紙も新たにしました。それぞれ下記のダウンロードを御利用下さい。

「news-1.pdf」をダウンロード

「shomei-4.pdf」をダウンロード

里美さんの裁判を支える会NEWS.1 2011.1.4
連絡先(署名送り先):〒561-0832豊中市庄内西町2-12-22奥村方
 メールアドレス:satomisaiban@yahoo.co.jp 公式ブログ「里美ドットコム」会名でも検索OK


【署名を寄せてくださった皆さま、ありがとうございました!】
お礼とご報告が遅くなってしまったことをお詫びします。
全国各地から寄せていただいた署名のおかげで、裁判所も注目が高く慎重に
審理すべきと伝わったのか、裁判所の方から、追加の書面を求めるほどでした。
本当にありがとうございました。


【裁判前に署名の提出】
 11月1日第1回提出分2172筆、4日提第2回出分722筆
計2894筆を裁判所に提出しました。引き続き集めます!(後述)


【11/4 第1回口頭弁論】
 50人もの人が傍聴に来てくださいました。「大法廷を検討しては?」と裁判長の方から言うくらいでした。書面の確認が主な内容で、短時間で終わりましたが、何より次の回が決まったのが大きなことです。
ちなみに後から来たJR側の傍聴人に、仕方なく席を譲ることに。ありがとうの一言もありませんでした(怒!)


【支える会結成と里美さんの決意】
裁判の後、近くの会場に移動して「里美さんの裁判を支える会」の結成式をしました。その場に来てくれたすべての方が入会してくださいました。里美さんは、「あきらめたら必ず同じことが起きる。だからあきらめない、くじけない」と決意を語りました。


【12/12里美さんを囲む会&会議】
20名の参加があり、里美さんのお話を1時間にわたって聞くことができました。里美さんは、事件の告発の後、警察やJRが、どんなにひどい対応をし、どんなに悔しかったかを中心に話してくれました。当時の怒りが伝わってきました。また、障がい者は生きるために、健常者にあわせ、健常者に好かれるように振る舞うことを教えこまれており、それが告発が遅れた原因にもなっていると思うとも話してくれました。
さらに、署名運動は、勝利まで続けること、JRの駅などでの宣伝活動もしようと話あいました。
署名は、次回集約日を1月10日とし、1月12日に提出することとしました。その後は、毎月月末を集約日とします。さらに署名を集めて送ってください!


【12/24追加書面提出】
裁判所が「原判決のどこが不満かを書いてください」と里美さんに求めたことを受けて、里美さん自身の陳述書を提出しました。他に、フェミニストカウンセラーの周藤さんによるカウセリング結果の追加意見書、セクハラ相談員の経験のある滋賀の岡田啓子さんによるJRのセクハラ対策室の対応がいかにひどいかについての陳述書も提出しました。里美さんは、書くことで当時の怒りや悔しさがよみがえり、何度も爆発しそうになりながら、何日も書けて陳述書を書き上げました。支える会は、分担して12/12の里美さんのお話の録音を書き起こし、陳述書の参考にしていただくことができました。


【引き続き署名を集めてください! 会員になってください!】
 ★署名は多ければ多いほど、力になります。ぜひ今後とも署名を集めてください。
 ★裁判をささえるため、支える会の会員になってください。年会費1口1000円です。
郵便振替口座は、口座番号00940-3-171194、口座名称・里美さんの裁判を支える会
 会員になってくださる方は、①お名前(ふりがな)②ご住所 ③あればメールアドレス ④電話番号 ⑤会費口数を上のアドレスまたは、奥村までご連絡ください。よろしくお願いします。


【第2回口頭弁論 1/21(金)11時~ 大阪高裁 別館8階 81号法廷です】
短時間ですが、里美さん自身の意見陳述が決まっています。ぜひ傍聴に来てください!

|

« 陳述書の作成終わりました | トップページ | 署名提出と集約 »

署名を集めましょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567299/50479319

この記事へのトラックバック一覧です: ニュース第一号:

« 陳述書の作成終わりました | トップページ | 署名提出と集約 »