« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

お手紙より

<お手紙をいただきました>
このたび、貴ブログを通じて、JR西日本の社内性暴力・パワーハラスメント事件の存在を知り、かつて同業他社の子会社、その後JR西日本の協力会社に身を置き、一度はJR西日本の契約社員に志願した事のある者として、落胆の意とやり場のない怒りにかられ、裁判の公正な審理を求める署名をお送りすることに致しました。
 この里美さんの件にしろ、福知山脱線事故の件にしろ、あの会社には、あまりにも理不尽な事がまかり通りすぎています。
 そしてその事は、同業他社もまた然りで、つまりは日本社会そのものの理不尽さの縮図でもあると思います。
 里美さんと、会の皆様が戦われているこの裁判が、日本社会の女性差別、障がい者差別をなくすための良きカウンターとなる事を願います。
追伸
 私がある私鉄の子会社に勤務していた頃、私のいた職場において、恋愛関係にあった同僚達の間で、あわやトラブルになりかかった事が起きました。
 幸い事件性のあるものではなく、当事者達が会社から退職させられるといった事態にはなりませんでしたが、ただ当事者の一人である女性社員が一時的に精神不安定な状態になり、その事が彼女の業務上の態度にも表れた事で、当時の彼女に対する職場の上司や同僚達の評価は余りよいものではなく、また私も彼女のそんな状況に大して全く何も出来ませんでした。
 最もその件はあくまで当事者達のプライベートでの事に過ぎず、当事者間で何とか解決出来たそうです。ただ、その子会社も基本的に男性ばかりの部署が多く、例外的に私のいた職場に女性従業員が数名いるという状況で、もし社内で事件性のあるトラブルが起きた場合、明らかに男性側に非がある場合でも一方的に女性が不利になりやすく、また職場の上司・同僚を含めた会社がその責任を取れない傾向があったのではなかっただろうかと、今ではそう思っています。
 その事は、それが上司と部下、健常者と障がい者、という関係に置き換えても同じだったのではないかと思うのです。
 その意味では、JR西日本も私がいた私鉄子会社も、企業風土自体に大した差はなかったのではないかと、そしてその状況を今まで変える事が出来なかったのは、やはりこれまでの日本社会の在り方に原因があったのではないかと思うのです。
(MHさん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月2日、里美さんを囲む会をおこないます

4月2日(土)里美さんの裁判を支える会会議・囲む会をおこないます

会員限定です。詳細は会員の方にメールにてお知らせします。

4月27日が裁判です。東北関東大震災にもかかわらず裁判は予定通りだそうです。

大震災の救援のために全力を挙げるべき時ですが、裁判が予定通りおこなわれるので、会合も必要となっています。27日を最終期日とするようなことを裁判官は言っていました。私たちとしては里美さんの本人尋問等、充分な審理を尽くしてもらうことを最後まで求めて行きたいと思います。27日の裁判までの最後の会議になると思いますので、ご都合をつけてご参加下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はがきの宛名を新しくしました

はがき宛名に「担当裁判官様」と加えました。

「11.03hagakiatena2.pdf」をダウンロード

裏面は変わりません。

「1102youseihagaki3.pdf」をダウンロード 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

english

A physically  challenged woman, suing her boss for sexual assault

「11.3.6support satomi.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュース2号が出来ました

ニュース2号は、下記をクリック下さい。

「news-2.pdf」をダウンロード

チラシも新しくなりました。下記をクリック下さい。

「chirasi-3.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

署名は4467筆 はがき運動始まっています

本日署名提出して来ました。4人で行いました。提出したのは394筆、累計4467筆です。

1132shomei_2

「葉書は届いていますか?」と書記官に聞いたら、数通輪ゴムでくくってあったのをほどいて見せてくれました。まだまだこれからですね。
葉書は印刷でき上がりました。まとまった枚数必要な方にはお送りしますのでご連絡ください。

葉書運動は誰でも参加できて、最も有効に裁判官に働きかける方法です。
ダウンロードできる環境の方は、下のものをクリックして下さい。ダウンロードできたら出力用紙を葉書に設定し、官製葉書などに印刷してご使用下さい。

「11.03hagakiatena2.pdf」をダウンロード

「1102youseihagaki3.pdf」をダウンロード

次回署名提出は4月27日の裁判の少し前に設定したいです。決まり次第ご連絡します。
5000筆まであと少しです。5000筆以上を目指して頑張りましょう。
なお、署名用紙を紙にダウンロードできない環境の方はメールにて、お名前とご住所をお送りください。代筆します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

障がい者が働くことの困難さ

里美さんが、被害の告発をするのが遅れ、その間、上司である加害者に明白な拒否の態度をとれなかったことの背景には、障がい者が一般就労することの大きな困難があります。これに関連して、元障害者作業所職員の方さんが、意見を書いてくださいました。紹介します。

障害者運動の大きな柱に、①介護、②雇用、③住居が、あります。
①     障害があっても、施設ではなく、地域で、他の人と同様に、尊重されながら、一個の人間として生きていくためには、24時間の介護が必要です。以前は、(今も)それが家族に担わされ、親子心中、一家心中などの悲劇を生んできました。障害者支援費制度や、自立支援法により、介護が社会化され、ヘルパー(介護者)に給与が出され、生活を保障されるようになり、やっと障害者も最低限の生活ができるようになりました。
②     しかし、人はただ生きているだけでは、意味がありません。一人で生きていくために、収入(所得)の保障がなされるべきであり、収入は、年金等の福祉的収入ではなく、生きている証としての労働が保障されるべきですが、障害者の雇用は、一筋縄ではいきません。一定規模の事業所では、障害者を雇用しなければならない、法定雇用率がありますが、国や地方自治体などの公共機関では、ある程度、雇用率は達成されていますが、民間企業では、法定雇用率1.8%のところ、2009年度の、全体 実雇用率は、前年度より上ったとはいえ、1.63%です。法定雇用率未達成企業は、全体の55%もあります。未達成企業は、雇用納付金を納めなければなりませんが、大手企業は、納付金を支払ってでも、障害者を雇いたいとは思っていません。
③     また、親や家族に頼らなくても、一人で生きていけるような、住宅を確保しようにも、不動産屋は、障害者の一人暮らしを信用していません。一人前の人間としては、認めていませんから、差別的に、「今は、一杯状態です。」と、ウソを言ったり、「大家さんが、火事を心配している」とか「一人で車椅子で、エレベーターを占拠されては困る」とか言って、断られるのです。

実際、私が以前、働いていた作業所では、優秀なパン職人の知的障害の方が、毎年出かける、障害者対象の、就職説明会で、事業所と面接して、「不採用」で、帰ってきていました。
  統合教育の進んだ豊中市では、小学校、中学校を普通校に通う障害者が多くいますが、中学、高校を卒業した後は、就職もできなく、行くところがなく、福祉作業所に吹き寄せられてきます。作業所では、健常職員の収入は、保障されていますが、障害者の方たちは、バザーや、紙漉き・織物・焼き物などをして、過ごしています。一応、販売はしていますが、商業ベースに乗って、製作している訳ではないので、そうそう売れる訳もなく、月に、良くて、数万円を10人くらいで分けるのです。とても独り立ちの生活は、できません。それでも、人権意識を持って、障害者運動をしながら、活動している作業所では、やっと、障害者年金を合わせて、健常者と同等の収入になるように、月2万円くらいの給料を支払っています。時間給にして、166円くらいです。現在、大阪府の最低賃金は、779円です。そんな収入では、独り立ちもできない。生活もできない。つまり、誇りを持って生きるための雇用の保障がされていないのです。
運よく、地方自治体等に福祉枠で、雇用された人でも、時間制限があり、月10万から15万円くらいの給料だろうと思われます。労働する能力のある障害者は、障害の程度が高くないので、年金額も高くありません。決して、総収入の額が、高くならないような、仕組みになっているのです。
  人権意識が高まってきている今日でも、この不況によって、求人率が下がり、健常者でも就業が困難である昨今、障害を持っておられる方たちの雇用状況は、非常に困窮を極めていると言えます。
  その中で、能力を買われて、就職できた場合は、非常に運がいい(この職を失いたくない)と思ったことは、想像できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月2日署名提出します

急な連絡ですみません。

ブログ担当者、頸腕と発熱のため数日間臥せっております。

3月2日午後2時から署名提出します。高裁(別館)のロビー集合です。

今のところ394筆、累計が4467筆です。

当日現場に持ってきていただければ提出できます。

引き続き署名を集めていきます。よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »