« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

10月7日に街頭宣伝を行います

10月7日に街頭宣伝を行います。場所はJR西日本本社の近くで、JRの職員が通行する場所です。(下見をして確認しています)
とき:10月7日17時30分から1時間くらい。
ところ:JR大阪駅中央北口を出て、北に、ヨドバシカメラの南西角です。
JR西日本の会社ぐるみの性暴力隠蔽を糾弾する街頭宣伝です。西日本本社を直撃する抗議行動として取り組みますので、ぜひ多くの方のご参加をお願いします。
JR西日本はセカンドレイプと言える「事情聴取」を行い「加害者に問題なし」と決め付けた裁判の被告そのものです。それが被疑事実から逃れることを許すことは出来ません。多くの結集で、JR西日本許すまじという意志を突きつけたいと思います。ぜひ多くの皆さんの参加をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい署名です

署名が郵送されてきだしました。まだまだこれからですね。

署名は新しい用紙で行っていますので、一度署名していただいた方もぜひもう一度お願いします。用紙は下記よりダウンロードできます。

「syomei2.doc」をダウンロード

和解案を越える良い判決を望むには、多くの人の力が必要です。その力を示すのはいま可能なのは署名です。後1ヶ月と少しで判決です。署名を集める期間としては後1ヶ月です。ぜひ多くの署名を集めてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

皆さんこんにちは。里美です。

長かった和解協議も、結果として「不成立」となり、

いよいよ判決公判の日を迎える事となりました。

思えば一審を闘い始めた時は、誰も味方になってくれず、

昨日まで味方だと思い、和気あいあいと話していた人でさえ、

一切一言も口もきいてくれず、“人ってこんなにも変わってしまうの?”

と思う毎日で、涙を奥歯を噛みしめ堪えながら「孤独」と「やり場のない怒り」に

震えながら過ごした日々でした。

しかし今は違います。控訴審を闘っていく中で、多くの方々と出会い、そして

多くの方々の“愛”に支えられてきました。

その愛に触れる事で、私は独りじゃなかったんだ。と安心することができました。

そんな時、思いだした一曲が岡本真夜さんの「

TOMORROW」です。

http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=56321

   上のアドレスをクリックして下さい。歌詞が出てきます。

この歌詞にあるように「涙の数だけ強くなれるよ」というままに

私は皆さんのおかげで強くなれたと思っています。

2ヶ月後に迫る判決公判ですが、皆さんの支えを胸に「凛とした姿勢」

で挑もうと思います。

どうか皆さん、114日大阪高裁 大法廷まで来て下さい。

皆さんの「力」を少しだけ私に分けて下さい。

お願いします。

<(_ _)>

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新しいニュース等

新しいニュースとチラシが出来ました。

新しいニュースは、「newsno5.doc」をダウンロード

新しいチラシは、「paper01.doc」をダウンロード

新しい署名用紙は、「syomei2.doc」をダウンロード

各ダウンロードを御利用ください。

判決まで2ヶ月をきりました。署名の集約は10月15日、提出は10月20日です。署名の送り先が変わっています。判決までに出来ることをやりきりましょう。署名は新しくなったので、一度署名されたという方ももう一度してください。判決までに出来ることは少ないですが心残りのないようにしたいです。

判決の法廷が大法廷に決まりいました。記者席と会社側を除いた70席が里美さん側です。法廷を埋める傍聴をぜひお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里美さんと私は高校時代からの付き合いなので彼女の事は私が一番よく知っています。
彼女は一見“派手で強そうに”に見えますが、実は誰よりもナリーブで壊れやすい繊細な部分があります。
私は、そんな彼女を守るのが里美さんの親友の一人である。私の使命だと信じています。
その思いでこの里美さんの裁判を支える会に入りました。
rumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい署名です

【判決にむけて新しい署名用紙ができました。ぜひご協力をお願いします!】
和解協議の中で、裁判官は、加害者の行為について部分的に問題性を認めるようなことも口にしていますが、まったく楽観はできません。障がい者である里美さんに、カミソリをもって抵抗を封じたやり方、「会社に言ったら契約更新はないぞ」と継続して性行為を強要したやり方など、あまりにも卑劣な加害者の行為の全部が断罪されなければなりません。
しかしこの間、別の強かん事件をめぐって、「助けを呼んでいない」「積極的に抵抗してない」などの理由で加害者を無罪とするような、信じられない判決が相次いでいます。性暴力犯罪をめぐる日本の裁判所の認識は、あまりにもひどい水準であると言わざるを得ません。
 里美さんの裁判の判決を、こうした流れを少しでも変えるものにしなければと思い、11月4日の判決までに、新たな署名用紙をつくりました。判決が書かれるであろうこの時期に、裁判所にさらに多くの声を届けたいと思います。最初の署名にご協力くださった方も、ぜひもう一度お願いします。
※署名の送り先を変えました。最終締切は、10月15日です。
したのダウンロードをクリックしてください。署名用紙がダウンロード出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »