« パンフレットテキスト版 | トップページ | 雇止めは不当 »

リハビリ出社終了と雇止め-----里美

今日、復職プログラムの一環であったリハビリ出社が終了すると同時に、事実上の雇止め(正式には3/31)となりました。

私は会社が出した結論には納得はしていません。何故なら雇い止め通告書に「2011年度の出勤実数等がない等…」とJR西は書いてきているのです。どうして出勤できなくなったのか?私が休職せざるを得なくなった理由は何だったのか?

ブログをご覧になっている方なら、ご理解頂けると思います。皆さん、会社が出した結論を、どう思われますか?きっと、私のような人たちが世の中に沢山いらっしゃるのではないか?と思います。「まるで厄介払い」とも思えるような結論を出し、全てを終わらせてしまおう。みたいな判断って…

果たして本当の問題解決になると思いますか?私はそうは思いません。おかしいと思うものは、やっぱりおかしいと思う。間違えていると思うものを、自分を誤魔化してまで正しいとは言えません。私は再び立ち上がろうと思います!

胸を張って生きるために!

堂々と前を見るために!

皆さん、どうか私にパワーを分けて下さい。<(_ _)>宜しくお願い致します。<(_ _)>

P.S 最近、正直者は馬鹿を見る。って、もしかしたら私のことかも?!とかって思うけど、それでも良いわ。(^O^)と思えるようになりました。

                      里美

|

« パンフレットテキスト版 | トップページ | 雇止めは不当 »

森崎里美さんから皆さんへ」カテゴリの記事

コメント

リハビリ出社お疲れ様
私はね、この会に入った理由は“貴女を守るため”という名目でもあったけど、それは本心である。
でも、貴女が弱気になった心の隙につけこんで、この活動を“貴女にやめさせよう”とも思っていたのも本音だったかもしれない。
私は、貴女がJR相手に闘うことで世間の人は“強い女性”と言われ、そのことが貴女を破滅させる道に進むことになる事を何よりも恐れていた。
でも、貴女は私が思う以上に強くたくましかった。
ううん、みんなで闘うから貴女は強くなれたんだね。
勿論、私は今でもJR相手に闘うことで世間の人は“強い女性”と言われ、そのことが貴女を破滅させる道に進むことになる事を何よりも恐れている。
この思いは、この闘いが終わるまでかわらない。
でも、だからこそ貴女と一緒に闘うよ。

投稿: るみ | 2012年4月 1日 (日) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567299/54348094

この記事へのトラックバック一覧です: リハビリ出社終了と雇止め-----里美:

« パンフレットテキスト版 | トップページ | 雇止めは不当 »