« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

新たな裁判を提訴!初公判は7月26日15時大阪地裁810号法廷

里美さんは新たな裁判を提訴しました。

6月19日に大阪地裁に提訴。そのもようは朝日放送の報道番組キャストで報じられました。キャストのコメンテーターたちは休んでいたその理由を問わずに、ただ休んでいたということだけを理由に雇い止め解雇するのは疑問があると口々に語っています。

新しい裁判は、12年3月31日をもってJR西日本が里美さんの雇用契約を打ち切り、雇い止め解雇したことに対し、JR職員としての地位があることを確認するためのものです。地位確認訴訟と言います。

JR西日本は里美さんが性暴力を告発したことの報復・見せしめとして雇用契約を打ち切りました。表面上は里美さんに勤務実績がないことが理由ですが、里美さんが仕事に行けなかった原因を作ったのは会社です。里美さんは上司から性暴力を受け、それを告発すると逆に二次被害を受けたばかりか、仕事を干され、同僚からは心無い言葉を投げつけられるなどする中で、PTSD=心的外傷後ストレス障害とうつ病に罹患、そのために仕事を休まなければならなかったのです。最近になって仕事ができるという診断書を会社に提出し、復職の過程に入っていました。そこを解雇したのですからとんでもないことです。仕事を休んでいたなど口実に過ぎず、実質は性暴力を告発したことへの報復・見せしめです。

里美さんはこのような解雇を許せば、他の人が性暴力を告発できなくなると、裁判に訴え闘う決意です。ぜひ多くの皆さんが里美さんへの応援と支援を送ってくださることをお願いします。

7月26日木曜日15時からの初公判に多くの皆さん!お集まりください。大阪地裁810号法廷です。大阪地裁は、地下鉄御堂筋線淀屋橋駅から北東に徒歩10分です。

 

障がい者の働く権利を追求!

 

更に、この裁判は障がい者と労働の問題を正面から問うものとなるでしょう。障がい者にも働く権利があり、その中で合理的配慮を受けるべきだということを争う裁判です。障がい者の就労困難な状況の中で、解雇するなら相当の理由がなければ、障害者基本法の保証する合理的配慮を欠いたことになります。里美さんは長期の休職から復職する診断書を出し、その過程で首を切られており、明らかに合理的配慮を欠いています。

 

障害者雇用促進法による雇用である里美さんは、実質的に正社員以上の仕事をし、社長表彰を受けるようないわばエキスパート的な仕事をこなしていました。労働組合の団交の中で、JR西日本では同様のケースで10回以上契約更新している障がい者社員がいることがわかりました。里美さんの雇用を継続してなんら問題はなかったのであり、それが当然だったのです。

 

この雇い止めは、障害者雇用促進法や障がい者差別を禁じた障害者権利条約に反しています。また精神疾患を理由に解雇することは許されません。今まで蓄積されてきた障害者雇用をめぐる裁判・判決の上で、障害者雇用促進法による契約社員の解雇という問題を争う裁判となるでしょう。多くの障がい者を始めとする先輩諸氏のアドバイスをお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

7/22豊中・すてっぷにて

7月22日、豊中市で、とよなか男女共同参画推進センターすてっぷの登録団体助成金事業として、以下のような会が持たれます。里美さんと島尾弁護士に、性暴力加害者である上司とJR西日本を訴えた裁判の概要、判決の問題点について話していただき、戦前から今日まで一貫して性暴力に寛容な日本社会をどう変えていけるのか、皆で考えようとする学習会です。また、不当解雇を問う新たな裁判についても報告されます。
 ぜひご参加ください。

「120722tirasi-2.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「新たなる緒戦“闘い”」--- 里美

6月19日、大阪地裁に地位確認提訴の訴状を提出することができました。
悪天候にも関わらず、多くの方々にお集まり頂き、ありがとうございました。<(_ _)>
新たな挑戦(闘い)は、始まったばかりです。
働く権利は、皆平等でなくてはいけないと、私は思います。
非正規であろうが、障がい者雇用枠であろうが、働くという意味においては同じです。
私が有期雇用の契約社員であるが故、JR西は「前年度の就労実績がない。」と、いとも簡単に雇止めを行ってきた。
本当に有るまじき事です。
いったい、何が理由で休職状態に追い込まれたのか?
紛れもなく、その理由となったのはJR西の人権を無視した差別発言、または陰湿なイジメにあったのは明確な事実です。
例え、最高裁がJR西の責任を認めなかろうが、私は「事実」を言い続けます。
2度と「第2の私をつくらないために。」
日本社会において、私が最後となって欲しいと願います…。
今回も、息の長い闘いにはなるでしょうが、私は絶対に諦めません。
皆さん、引き続きご支援宜しくお願いします。<(_ _)>
                    森崎里美

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい署名は準備中

最高裁署名は終了しました。多くの署名をありがとうございました。新しい裁判の署名を準備中です。もうしばらくお待ちください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新しい裁判を起こしました

6月19日新しい裁判を提訴しました。その模様は朝日放送の報道番組のキャストでも報じられました。

120619teiso_2


新しい裁判は、12年3月31日をもってJR西日本が里美さんの雇用契約を打ち切り、雇い止め解雇したことに対し、JR職員としての地位があることを確認するためのものです。地位確認訴訟と言います。

JR西日本は里美さんが性暴力を告発したことの報復として雇用契約を打ち切りました。表面上は里美さんに勤務実績がないことが理由ですが、里美さんが仕事に行けなかった原因を作ったのは会社です。里美さんは上司から性暴力を受け、それを告発すると逆に二次被害を受けたばかりか、仕事を干され、同僚からは心無い言葉を投げつけられるなどする中で、PTSD=心的外傷後ストレス障害とうつ病に罹患しました。そのために仕事を休まなければならなかったのです。しかし最近になって仕事ができるという診断書を会社に提出し、復職の過程に入っていました。そこを解雇したのですからとんでもないことです。仕事を休んでいたことなど口実にすぎず、実質は性暴力を告発したことへの報復です。

里美さんはこのような解雇を許せば、他の人が性暴力を告発できなくなると、裁判に訴え闘う決意です。ぜひ多くの皆さんが里美さんへの応援と支援を送って下さることをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里美さんから  16日

皆さん、ホントに今日は雨の中、ありがとうございました。
新たな闘いは、今まさに始まるところです。
どうか応援の程、宜しくお願いします。<(_ _)>
「つぶやきです…。」

明日は晴れると良いな。
気持ちも空も。
Satomiame_3


ここからは今日の報告です。

皆さん、こんばんは。
今日は、「里美さんを囲む会」があり、出席してきました。
上告棄却のこと、これまでの活動報告、今後の活動について、今何をすべきなのかを話し合ってきました。
お集まり頂いた皆さん、雨の中、本当にありがとうございました。

<(_ _)>
皆さんの温かい励ましに、もう1度頑張る気力が持てました。
人の温かさって素敵ですね。(^^)
感謝です。

私、頑張りますね。(^O^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

差別禁止法

そうしているうちにも、闘いは進んでいます。里美さんも発言した差別禁止法に女性差別の問題を入れるための国会院内集会が毎日新聞で報道されました。下記をクリックしてください。

「mainiti-1.pdf」をダウンロード

| | コメント (1) | トラックバック (0)

上告棄却―――里美さんから

皆様へ 残念なお知らせです…。

セクハラ訴訟の上告審ですが、最高裁から棄却の知らせが届いてしまいました…。
予想はある程度してはいましたが、
悔しいです…。
ただ、ただ、悔しい。

あれほどまでの、あるまじき対応をしたJR西の責任が
無いなんて…。何と言えばいいのだろう…
悔しいの言葉以外に見つからない。

こんな時、素直に泣ければいいけど、
泣きなれてない私は、なかなか泣けない…。

けれど私には、

落ち込む前に、することがある。
悲しむ前に、やれることがある。
今の私は、嘆き悲しんでいる場合ではないことに気が付いた。

私は、伝え続ける事を諦めない!
この言葉が勇気をくれた…。

皆さん、もい1度私を応援して下さい
宜しくお願いします。<(_ _)>

Neekimi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

19日提訴に集まってください

雇止めに対する、「地位確認訴訟」の提訴を大衆的に行いたいと思います。6月19日火曜日の午後2時30分に大阪弁護士会館1階ロビーに集まってください。そこから歩いて裁判所に向かいます。大阪弁護士会館は、地下鉄淀屋橋駅から北東に徒歩10分くらいです。裁判所から東に3分くらい。

裁判所に、大きな関心を集めている裁判の提訴であることを示し、マスコミにも働きかけていきたいところです。すでに1社から取材申し入れがあります。

とくに集会などは準備していないので、行動は裁判所に訴状を提出するだけの短時間のものです。ぜひ多くの方のご参加をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「障害のある女性の生活の困難・複合差別実態調査」報告会

DPI(障害者インターナショナル)女性障害者ネットワークの行う国会院内集会で里美さんが発言します。

「障害のある女性の生活の困難・複合差別実態調査」報告会と題した集会です。

案内を以下添付します。

ご案内とご参集のお願い
障害があり、女性であることは、この社会の中で複合的な生き難さにつながっています。
DPI 女性障害者ネットワークが2011 年度に行なった、「障害のある女性の 生活の困難 人生の中で出会う複合的な生きにくさとは(複合差別実態調査)」の報告会を行います。報告会では、この1年間に行ってきたアンケート、聞取りによる87人の障害女性の声をお伝えすると同時に、都道府県の男女共同参画計画・DV 基本計画のなかにみる、障害女性に関わる施策の現状をお伝えします。
この調査結果から、私たちは障害女性の抱える問題に対応し実情を改善する施策の必要性を痛感しました。
とくに、現在検討されている「障害者差別禁止法」に、障害女性のための条文を作って欲しいと考えています。ぜひ多くの方にご参加いただき、障害女性の現状を共有し、今後につなげていくための一歩を進められたらと思っています。

--------------------------------
「障害のある女性の生活の困難・複合差別実態調査」報告会in議員会館
--------------------------------
--------------------------------
■主催: DPI女性障害者ネットワーク
■後援: 日本障害フォーラム(JDF)
■日時: 2012年 6月13日(水)11:30-13:00
■会場: 衆議院第二議員会館第5会議室

■プログラム:
11:30 アンケート、聞取り調査からの報告
12:00 自治体の計画に関する報告
12:15 回答者のひとり 森崎里美さんからの発言
12:30 質疑応答 今後に向けた提言

集会のチラシは下記をクリックしてください。

「120608dpi.pdf」をダウンロード

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「労働基準監督署からの連絡」---里美さんから

今日、姫路労働基準監督署のTさんより電話があった。

現況報告を伝えるもので、

①    JR西 人事担当者からの事情聴取は終えた。

②    セクハラ事件加害者A氏からの事情聴取は終えた。

双方ともに森崎さんの主張とは全く異なる事を言われています。と言っていた。今後は、具体的な事情を知る方々からの事情聴取へと移って参りますので事情を知る方々にご協力をお願いしておいてください。と言われ、また、私からも再度、事情を聴くことになると思います。とのことだった。

この労働基準監督署Tさんの話を聞いていて、大阪高裁で認められたことですら、JR西もAも、未だ認めようとせず、言い訳めいた話をしているのか。と思うと不愉快極まりなく深い憤りを感じました。

労働基準監督署には勿論、私は今後も全面的な協力をする。という事と、調査協力をして下さる方々には再度、公正にご協力お願い申し上げるよう伝えておきます。と伝えた。

最後に、労働基準監督署Tさんは「調査ですが、こういう事情ですので、しばらく掛かると思っていて下さい。すみません。」と言われた…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »