« 裁判が近づいてきました | トップページ | たつの集会 »

27日の報告

1212271

裁判は、12月27日午前10時より約5分間。大阪地裁810号法廷で開かれました。

原告側弁論の提出ですが、1月22日に医者との面談を予定しており、それが終わってから弁論を書くということで1月末までの提出となりました。この日は相手側書面に対する認否のみを提出しました。次回日程は2月7日10時30分より810号法廷です。多くの傍聴をお願いします。なお、仮処分は2月5日11時30分よりです。仮処分は早ければ2月末にも結果が出るかもしれません。傍聴者は20人くらいでした。朝早くからありがとうございました。

 

★報告集会報告。(概要)

☆島尾弁護士さんから説明がありました。会社側は活字の入力しかしていないと主張しているが、実際にはワードやエクセルで製図する作業をしていた。制御盤の図面など。細かい作業を時間をかけて。

☆質問。JR西日本神戸支社長の事件で会社側の体質を問えないか。

☆島尾さん。運動としては言えるだろう。セクハラを告発し仕事を与えられない中で、仕事ありませんかというと与えられた仕事で、うつ病だけで無く、しこんかん症候群、しんけいこん症になった。出てきては休むようになぜなったのかがそこにある。会社は休んだ理由が障害とは関係ないから解雇は障害者差別ではないと主張している。それは間違っている。

☆意見。障害者用のマウスを使っていない点が障害の特性に合っていないという問題と思う。

☆里美さん。トラックボールという障害にあった形状のマウスがある。前職場の東芝ではそれを使っていた。JRでは自費で買えと言われた。

☆労組から。

12月10日決定11日送致で労災は却下された。13日に説明を聞きに行った。「Aとは同僚である」「カニかに旅行は業務ではない」というのが理由だそうだ。証拠開示請求をした。

 

☆意見。製図の勉強をしてきたものからいえば、ワードやエクセルで製図をさせることがそもそもおかしい。

★署名提出

その後署名を提出に行きました。この日404筆、累計2010筆になりました。署名の方も引き続きよろしくお願いします。

1212272

|

« 裁判が近づいてきました | トップページ | たつの集会 »

裁判の報告」カテゴリの記事

コメント

12月28日付の東京朝刊東京本社版の9面に、「インド暴行事件抗議激化」、「女性の怒り爆発『性犯罪厳罰化を』」との記事が載っています。

投稿: 東京者 | 2012年12月28日 (金) 19時56分

島尾先生の話によるとJR側は里美さんに活字の入力業務しかさせていないと主張しているのですよね。
ならば、JR側に活字の入力作業をさせていた日付が入ったデータと資料を裁判所に提出してもらいましょう。ワードとエクセルで作った業務なら更新日が残っているはずです。
更新日時は誤魔化すことができません。

投稿: るみ | 2012年12月28日 (金) 21時56分

12月29日付の読売朝刊東京本社版7面に、「インド性犯罪者情報公開へ ネット上で 人権団体から批判も」との記事が載っています。12月29日付の「しんぶん赤旗」5面に、「インド 女性暴行に抗議 団体・学生 警官隊ともみ合いに」との記事が載っています。

投稿: 東京者 | 2012年12月29日 (土) 15時53分

12月30日付の朝日朝刊東京本社版の7面に、「インド性犯罪に怒り噴出被害20分に1人、10年で1、5倍 集団強姦で死者 各地でデモ」との記事が載っています。12月30日付の読売朝刊東京本社版の6面に、「暴行被害の女子大生死亡 インド政府抗議デモ暴徒化警戒」との記事が載っています。

投稿: 東京者 | 2012年12月30日 (日) 09時39分

12月31日付の朝日朝刊東京本社版社説に、「年金の周知度 利点を知らせる工夫を」との記事が載っています。12月31日付の毎日朝刊東京本社版の4面に、「レイプ惨劇に怒り 首都で被害 女子学生死亡 インド女性ら抗議デモ」との記事が載っています。最近は、国民年金を掛けていない人が多いようですね。毎月1万数千円を掛けた所で、65歳から受給出来る年金額は、それより低いのですから、当たり前です。然し、一つ知って頂きたいことは、事故や病気で障害者になった場合に、年金を掛けていないと、障害年金を申請出来ないことです。会社勤めや公務員の方は、毎月年金がさっぴきされますから大丈夫ですが、自営業や無職の方は、要注意です。

投稿: 東京者 | 2012年12月31日 (月) 18時00分

追伸です。私は発病して病状が最悪だった時点で、障害厚生年金を申請しました。それまでに厚生年金を166ケ月間掛けていたこともあり、月にギリギリ6桁の額を戦取出来ました。

投稿: 東京者 | 2012年12月31日 (月) 18時13分

1月4日付の「しんぶん赤旗」4面に、「女性への暴力 議論活発化」、「男性中心の文化背景に」との記事が載っています。

投稿: 東京者 | 2013年1月 4日 (金) 08時58分

るみさんの投稿に同感です。
資料を出させるというのは効果的だと思います。
今あるデータ・資料をJRから引き出すというのは、また苦労する点ではありますが、筋として通っていると思います。何らかの客観的決定的証拠が必要なので、これは考えていくべきだと思います。


投稿: 廣瀬研一 | 2013年1月 5日 (土) 02時35分

廣瀬研一さんへ
私の投稿に同感していただいてありがとうございます。
JRがデータと資料を提出できなければ、虚偽の証言をした事になります。
仮に、JRがデータと資料を提出できたとしても当時の里美さんに入力業務をさせていた「資料とデータが本物なのか?」を徹底的に追求することができます。
データと資料を提出してもしなくてもJRを追い詰める一歩になります。

投稿: るみ | 2013年1月 6日 (日) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567299/56410694

この記事へのトラックバック一覧です: 27日の報告:

« 裁判が近づいてきました | トップページ | たつの集会 »