« 労働基準監督署の棄却理由 | トップページ | 27日の報告 »

裁判が近づいてきました

12月27日午前10時から、本訴の審理です。大阪地裁810号法廷です。ぜひ多くの傍聴をお願いします。

里美さんが、性暴力の告発後、マウスをよく使い、脳性まひの特徴として手と首を酷使する仕事ばかりを与えられるようになった、と主張していることに対し、JR会社側は嘘八百を並べ立てて、里美さんの仕事はマウスを使わないと主張しています。里美さんは一つ一つに反論するとともに、マウスを使うとどう手と首を酷使する結果になるのか、百聞は一見にしかず、実際の作業をビデオに撮影しました。

多くの市民、女性、障害者が注目していることを、傍聴への結集で裁判官に示す必要があります。裁判官にとっても、百聞は一見にしかずです。年の瀬でお忙しい中と思いますが、万難を排し、多くの傍聴をお願いします。

|

« 労働基準監督署の棄却理由 | トップページ | 27日の報告 »

新しい裁判について」カテゴリの記事

裁判を傍聴してください」カテゴリの記事

コメント

里美さん、会員の皆さん、週刊モーニングで不定期連載されている「ダンダリン」はご存知ですか?労働基準監督署で働く若い女性が主人公です。労基法違反の案件に対して、全く動かずに、ナアナアで済ませようとする上司や同僚を相手に、主人公が必死に闘うストーリーです。単行本も発行されていますので、是非ご一読下さい。

投稿: 東京者 | 2012年12月22日 (土) 16時41分

12月25日付の朝日夕刊東京本社版14面に、「受刑者再犯2割低下 性犯罪者向け抑止講座」との記事が載っています。

投稿: 東京者 | 2012年12月25日 (火) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567299/56370229

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判が近づいてきました:

« 労働基準監督署の棄却理由 | トップページ | 27日の報告 »