« 次回公判 | トップページ | 11月20日結審 »

垰田意見書を提出

滋賀医科大学社会医学講座衛生学部門、垰田(たおだ)和史准教授の意見書
「森崎里美氏へのパソコン作業時の身体負担に関する意見書」を提出することができました。

その意見書で、パソコン作業には、手根管症候群および頸椎神経根症を発生悪化させる負担があったことが丁寧に書かれています。また、職場において、強い精神的な緊張やストレス下におかれていたことも書かれています。それらが相乗的に重なって二次障害の重症化をもたらしたのです。二次障害の原因が会社の管理の問題であることが、この意見書によって詳細に明らかになりました。

垰田先生は研究留学経験もある専門家で、脳性まひ者の二次障害にも詳しい方です。セクハラ裁判で裁判を有利に進めることができた周藤意見書がありましたが、地位確認訴訟でそれに匹敵する重大な意見書を提出することができました。

|

« 次回公判 | トップページ | 11月20日結審 »

コメント

それは心強いですね。小生OTRですので、CPの方の二次障害からのアプローチがあればと考えてきました。相手が非科学的な反論を持ち出してきたら、粉砕しましょう。

投稿: 東京者 | 2013年11月17日 (日) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567299/58525440

この記事へのトラックバック一覧です: 垰田意見書を提出:

« 次回公判 | トップページ | 11月20日結審 »